教師修業70歳

〜70歳まで教師を続けるための教師修業法〜

教師修業は果てしがなく〜無敵のプロ教師を目指す!!〜

原理原則

おそらく授業のまずさなのではないか

あるクラスにあれの兆候あり。 1 子どものうろつき。(休み時間、授業中) 2 教室の汚さ 3 物隠し 4 保健室へいく児童数名 何が原因なのかはわからない。 自分の予想では、おそらく授業のまずさなのではないかと思う。 実際に見ていないので、本当のとこ…

あと30年間、俺は教師の世界で生き抜いていく。

夏のボーナスが出る。 うれしい。 自分はこのために、日々汗を流して働いているのだ。 人事では勝てなくても、給料は変わらない。 だったらば、自分の与えられた場で全力を尽くし、ベストを尽くせばよい。 連日の猛暑だが、体調は絶好調。 体重は現状を維持…

バランスを考えながら、日々の体重をコントロールしていく。

それぞれの教科の進度は順調に進んでいる。 運動会などの行事も終了し、放課後はしっかりと DWの時間が確保できている。 これぞ至福の時だ。 しっかりと教材研究を行い、準備を進め、本番の授業に全力を尽くす。 これが自分の最も重要な仕事だ。 毎日、この…

自分が「実験上手、上達上手」になることが極めて重要である。

教師は常に学び続ける必要がある。 子どもの前に立つ以上、学び続けることが必須の条件である。 現在の課題であるオンライン授業。 ネットについて、さまざまな教育課題について。 そして、不易の部分である読み書き算の学力保障について。 やるべきこと、学…

久々のプール指導

久々のプール指導を行う。 安全に楽しく、厳しくできた。 まずは安全の確保が第一。 その上で、楽しく、運動量を増やして、ほめながら進めていく。 ノートにしっかりと計画を書き込み、その上で、子どもの反応をみながら取捨選択しながら進めていった。 結果…

「上達上手」は「実験上手」

『上達論』甲野善紀、方条遼雨 を読んだ。 武道、武術の上達についての本であるが、教師の技量を上達させていくためのヒントもたくさんあった。 一番、心に響いたのは以下の部分である。 この「実験」という要素は、「根本原理の組み替え」や「上達」にとっ…

くだらない研修→ノート作業ならば合法的にいくらでもアウトプットできる

本日で一週間が終わる。 うれしい。 今日もしっかりと仕事をする。じゃんじゃんバリバリ働く。 昨日はくだらない研修だった。 しかし、これも仕事のうち。お給料のうちだ。 このくだらない研修をいかにして有効な時間に変えるか。 これは自分の工夫次第でい…

70歳まで教師道を究め、前進していく。

昨日は子どもの習い事の見守りタイム。 先日購入した革のブックカバーをつけて、坂村真民詩集を持っていく。 やっぱり自分は紙の本がいい。 同じ内容でも、本の重み、革の手触りがある分、紙の本のほうがKindle本よりもしっくりとくる。 愛着が湧く。内容も…

大切なのは、最適な時期に有効に金を使って、良い思い出をたくさん創っていくこと

『DIE WITH ZERO』ビル・パーキンス を読んだ。 この本、自分にとっては名著である。 共感できる部分がたくさんあった。 自分の人生をいかに最適化するか。 それが重要である。 仕事ももちろん大事。 お金も大事。 しかし、もっとも大事なのは、良い思い出を…

仕事術を駆使して、自分の教材研究の時間を作り出すのだ。

昨日の算数は事前の教材研究なしで、その場で見て授業を進めていった。 自分の仕事の仕方のまずさが原因だ。 プロならば、教材研究の時間をまず第一に確保し、しっかりと事前に研究した上で、授業に臨むべきである。 時間のマネイジメントが甘かった。反省。…

このようにして、自分の人生を創っていきたい。

あっという間に週末がやってくる。 毎日が充実している証拠だ。 自分のやるべき仕事に集中し、毎日全力を注いでいる。 授業中は授業のことに全力を尽くす。 放課後は事務作業も進め、教室での DWもコツコツと行う。 家ではゆったりリラックスする。 ノートに…

心が折れそうになったときに救ってくれるのは、このようにして自分の血肉とした言葉たちだ。

子どもの習い事を見守る時間がある。 週に一回、その時はその場にいて、子どもの習い事の様子を見守っている。 しかし、ただ見ているだけでは時間がもったいない。 そこで、Kindleを持ち込み、坂村真民の詩を暗唱しながら、子どもの様子も見ている。 これが…

安全面をしっかりと確保することが一番大切

昨日の危機管理対応を振り返る。 もう少し丁寧な対応ができたはずだ。 昨日の課題をはっきりさせて、次へとつなげていく。 0 事故発生時 準備をしていて、目を離していた。 安全面から言えば、できるだけ目は離さないことが大切。 しかし、次の準備もあるの…

自分の定番、お気に入りをしっかりと見極め、それを長く使いこんでいく。

この土日はしっかりとリフレッシュできた。 昨日は休息日。 朝のジョッグが気持ちいい。 新しく買ったミズノのウェーブライダー。 これがとってもいい。 ホカオネのクリフラインが履き潰れてしまったので、土曜日に購入した。 ミズノのこのシューズが一番自…

知は力なり。 反復は力なり。

現在の状態は極めていい。 昨年秋に痛めた腰痛はほぼ完治している。 腰痛予防に向けて、日々、体幹トレーニングに励んでいる。 毎朝のジョッグ、ケトルベルで足腰もしっかりと鍛えている。 現在は、痛いところはどこもない。 体重もぼちぼちのところをキープ…

商売道具への投資はケチらない。●●●『ラクをしないと成果は出ない』日垣隆●●●

大きな行事が終了した。 やっと日常のリズムに戻れる。ありがたい。 日々、日常の授業を淡々とこなし、子どもたちに力をつけていく。 自分の課題、自分の仕事としっかりと向き合い、日々、自分の授業を改善していく。 自分の仕事を改善していく。 昨日は代休…

日々の授業が9割以上。

今週も終盤にさしかかっている。 体育大会練習期間中だが、体は絶好調だ。 体幹トレの成果が出ている。 体幹をしっかりと鍛えることで、疲れにくい身体を創ることができる。 姿勢もよくなる。腰痛を予防できる。 いいことばかりだ。 テレビのcmの合間に少し…

日々の授業を充実させて、目の前の子どもたちにしっかりと力をつける。 これに尽きる。

教材研究をしっかりとやればやるほど、自分の授業がよくなっていく。 日々の授業が充実し、自分の仕事が楽しくなってくる。 これこそが、自分の目指す、「職の道楽化」である。 自分の仕事を自分の道楽とする。 こんな幸せなことはない。 毎日、放課後に教室…

読書を中心とした学びで正しい知識を得ること。

今週も一週間がスタートした。 月曜日の課題は、平日リズムに身体を慣らしていくことだ。 淡々とメカニカルに、日々やるべきことをやる。 これが自分の理想の働き方である。 時間も日課もほぼ確定してきている。 朝4時におきて、やるべき日課をこなし、決ま…

一つ一つ自分で調べ、自分の頭で考え、追究していく。

納得のいかないことは一つ一つ自分で調べ、自分の頭で考え、追究していく。 そのような積み重ねが自分の力を磨いていってくれる。 体育大会の自分の仕事、 オンライン授業、 手紙配付、 どれも自分のやるべき仕事である。 一つ一つ、疑問点を調べている。 文…

授業時間内で全てを完結させる。

すべて授業時間内で完結できるようにする。 これが自分の理想型。 授業時間内で、ノートの丸つけを済ませる。 ●番までできたらもっておいで。 そう指示して、ノートをチェックする。 〜〜ができたらもっていらっしゃい。 ノートチェックして合格の人から、違…

試してみるしかない。 試してみて、手応えがあれば、それを使い続ける。

学校でのノート作業用にあれこれペンを試している。 身体づくりも試行錯誤であれこれやって自分に合うモノを選んでいる。 ペンも同じ。 自分にとってノート作業は極めて重要な事柄だ。 自分にあったペンとノートを使って作業を進めることで、効率はグッとア…

その場その場で、できることを考え、動いていく。

その場主義で仕事を進めている。 スポーツテストが終了すれば、その日のうちに、データを入力してしまう。 たとえ全部終わらなくとも、途中まででも手をつける。 その場その場で、できることを考え、動いていく。 これがその場主義である。 このやり方でやる…

何が大切で、何がどうでもいいことなのか。

昨日の反省。 全て授業時間内でやり終える。 これが少々甘かった。 ノート作業、体育の着替え、給食の準備などなど。 すべて授業時間内で完結できるように、教師が計画して動かしていくことが大事だ。 すべて授業時間内で終えるようにすると、休憩時間がゆっ…

授業力を磨いていくためにやっていること

授業こそが教育の根幹である。 教師の仕事は授業こそが中心となる。 これは向山先生の著書から学んだことだ。 日々、自分の授業をより良いものにするために、教師修業を積み重ねていくこと。 教師の誠意はここに尽きる。 自分が、授業力を磨いていくためにや…

連休中、いい勉強ができている。手応えあり

連休真っ只中。 仕事が順調に進んでいる。 趣味も楽しんでいる。 いくつかの気付きや発見もあった。 1 筋トレはやっぱりHITTが面白い。 20秒筋トレ、10秒休憩。これを4セット繰り返す。ちょうど4分。 この筋トレがやっぱりやっていて楽しい。ゲーム性…

学びサイクルをコツコツと回し続けること

昨日はGW1日目。平日なので家で仕事を進める。 日々の日課をこなし、赤鉛筆で塗りつぶしていく。 こういう日々の積み重ねが、10年後、20年後の仕事へとつながっていく。 校務分掌や学年の年間計画も進めていく。 資料を読み込み、ノートに書き出す。こ…

ノート作業によって、日々の課題を修正していく。

昨日は学びの多い1日だった。 自分の対応のまずさ、目線の足りなさ、指導法の工夫の必要性を感じた。 日々、現場で仕事をしていれば、こういうこともある。 大事なのは、問題や課題を見つけたときに、どう考え、どう対応するかということだ。 当然、その場…

ゴールデンウィークを有効にフル活用

昨日は久しぶりに教室でのDWができた。 やっぱりこれが自分の仕事の生命線である。 教科書を読み込み、ノートに授業案を書き出す。 この作業が自分の授業を創ってくれる。 やりがいのある大事な準備である。 授業も準備が9割である。 しっかりと準備をして…

大事な仕事術

仕事術について、日々、小さな気づきと学びを得ている。 最近、改めて気づいた大事なことがある。 一つ目は、朝イチの行動についてだ。 朝イチ、眠たい。しかし、ここで二度寝してしまってはダメだ。 機械的に、自分が機械になったつもりで、淡々と日課をこ…